忍者ブログ
Admin / Write / Res
2006年12月1日 場所を変えて再開。 でも、ほとんど日常のだらだら話ばかりで、鳥の話は滅多にないと思われます。むしろ虎ばか・・・。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10月も気がついたらもうすぐ半分が過ぎる・・・10月といえば番組改編期・・・番組改編期といえば新ドラマである。
前クール、7月期のTVドラマはあまり印象がなく終わってしまった。結局、最後まで見たのは「うぬぼれ刑事」、「熱海の捜査官」、「美丘 -君がいた日々-」、「日本人の知らない日本語」の4本(「ゲゲゲの女房」、「龍馬伝」は別枠)だが、最も期待していた「熱海の捜査官」は「時効警察」には遙かに及ばず、「うぬぼれ刑事」が面白かったくらいか・・・「美丘 -君がいた日々-」、「日本人の知らない日本語」は判断基準が違うので、これで良し(笑)ま、その分、10月から始まる新ドラマに期待大と言うことになるわけだ。
ということで、10月期のTVドラマ予定表!

日:龍馬伝(NHK)パーフェクト・リポート(フジ)
月: -
火:ギルティ 悪魔と契約した女(フジ)
水:黄金の豚- 会計検査庁 特別調査課 -(日テレ)
木:医龍~Team Medical Dragon~3(フジ)FACE MAKER(日テレ)
金:SPEC~警視庁公安部公安第五課(TBS)秘密(テレ朝)
土: -
月~土:てっぱん(NHK)

あとは「ナサケの女~国税局査察官~」「検事・鬼島平八郎」のテレ朝2作品くらいかな・・・相変わらず月9は遠い・・・。
当然、こんなに見れるわけもないのだが、今回は意外に「キャスト優先主義」が少ない(笑)吉高由里子も綾瀬はるかもいないし・・・ま、そんな時もありますわな。でも、「FACE MAKER(日テレ)」は第一回が加藤あいだから見たので、これだけは何処まで続くかは(整形後の)クランケ次第・・・。
今クールでは、なんといっても「医龍~Team Medical Dragon~3(フジ)」・・・稲森いずみと阿部サダヲが復帰するし、もちろん岸部一徳もご健在、北村一輝、水川あさみが出ないのは残念だが、白髪の遠藤憲一がどうでるか・・・(笑)
次いで、番宣見る限りでの「ギルティ 悪魔と契約した女(フジ)」かな・・・菅野美穂の笑い方がなかなか・・・「隣人は秘かに笑う」以来の怪しさ・・・今日の第一回が楽しみだ。
そして「黄金の豚- 会計検査庁 特別調査課 -(日テレ)」・・・篠原涼子だし、大泉洋、桐谷健太、生瀬勝久・・・一応、抑えとかなきゃね。
さて、このうち何本が生き残るか・・・そしてDVD-Rの山の中直行とならないのは???って、時間あるのかなぁ・・・。

本日の脳年齢:20才0ヶ月(前日比:-1才1ヶ月)
本日の総歩数:6,698歩(前日比:-1,969歩)
PR
本日、めでたく最終回!・・・いやぁ、最後まで良かったですねぇ。当然(笑)、泣けました (ToT) (ToT) (ToT) さらに、最終回までの3回分をもう一度続けてみて、また、泣けました (ToT) (ToT) (ToT) ま、おっさんの涙もろいのを差し引いても良かったですな。
ということで、今回は「ちりとてちん」以来、久々に最終回まで完走・・・もちろん、ヒロインが松下奈緒さんだったこともあるわけですが・・・ストーリーもおもしろかったし、かといって波瀾万丈すぎということもなかったし、取り巻くキャストも良かったし・・・それと島根・鳥取(・調布)が舞台だったし。父親役の大杉漣さんの「だらず」は最高でした。(松下奈緒さんの「だんだん」も、三つ前の「だんだん」より「だんだん」だったし(謎))
さて、気になるのは、やっぱり視聴率・・・ドラマの価値は視聴率で決まるわけじゃないけど視聴率・・・スタートは史上最低だったけど、徐々に上昇して8月末時点では20%を切って(2003年下半期)以降の第3位にまで上昇したわけで・・・おそらく「どんと晴れ」は抜くとは思うけど、「純情きらり」を抜くことができるかどうか・・・ビデオリサーチの発表が楽しみですなぁ。

本日の脳年齢:20才3ヶ月(前日比:-0才3ヶ月)
本日の総歩数:6,216歩(前日比:-1,361歩)
100917kff1.jpg今週もまた金曜夕方は「金沢21世紀美術館」に・・・。
といっても、心を入れ替えて?現代美術を鑑賞!なんてことはなくて、今日から開幕する 「カナザワ映画祭 2010 世界怪談大会(かなざわ映画の会主催会」の野外上映会が始まるまでの時間調整・・・でも「タレルの部屋」はやっぱりおもしろい。
さて、普段、シネコンにすら滅多に行かないおやじが野外上映会に来たかと言うと・・・それは「恐すぎる」という理由で劇場公開されなかったという幻のホラー映画「シェラ・デ・コブレの幽霊 (The Ghost of Sierra de Cobre」が上映されるからなのである。
日本では1967年8月20日の日曜洋画劇場で一度だけテレビ放送されたそうだが、おやじはもちろん見ていない・・・小学生にもなってなかったしね。100917kff2.jpg
金沢では2007年の「カナザワ映画祭」で一度、(覆面)上映されたが、その時は字幕なし、吹き替えなしで、今回は世界初の日本語字幕つき!・・・ということで、こりゃ見逃す手はない・・・。
上映は20時からということだったが、これだけの作品でしかも無料とくれば、多数の来場者が予想されるわけで、上映1時間以上も前に会場の本多の森公園へ。
予想通り、芝生は水をたっぷり吸っているので、シートを二重にして敷いて、防虫ジェルを塗って待つ・・・19時を過ぎるとどんどん人が集まってきて、余裕綽々だった会場も手狭になり、なんども間を詰めるために移動・・・あとは上映を待つばかりだ!100917kff3.jpg
19時50分過ぎ、主催者あいさつ、フィルム所有者&字幕制作者の 添野知生の紹介&あいさつが行われ、待ちに待った上映開始!!・・・となるはずだったが、映写機にトラブル発生でいきなり上映時間が20時30分まで繰り下がり・・・(´・ω・`)
で、20時30分、上映開始宣言!かと思いきや、またも映写機動かず・・・20時42分、原因判明(とても、言えませんな)・・・21時、原因解決宣言!もやはり映写機動かず、交換決定・・・と、アナウンスのたびに会場からは喜びと落胆の声が・・・。
100917kff4.jpg それでも観客はほとんど帰ることなく、代わりの映写機が(シネモンドから?)届き、21時27分、待ちに待ちに、待ちに待った上映が始まった!!
22時15分、トラブルも発生せず、上映終了!さて、その内容は・・・あらすじはさておき、正直、 「怖すぎる」、「最も怖い」ということは、まったくなかった・・・ただし、それは今の感覚ではということで、予定通り、公開されていれば(1959?1964?)、その当時なら「怖すぎる」、「最も怖い」に違いない・・・100917kff5.jpgと思う。特に、幽霊、と言うより亡霊の声と姿は当時としては、画期的なものだったに違いない。
ストーリーも、一部、なぜ?というところもあったけど、どんでん返し(と言うほどでもないか)もあっておもしろかった。
あと、依頼人?連絡人?役を演じていた ダイアン・ベイカーがとっても綺麗だった・・・あとで、ググったら「羊たちの沈黙」に出ているらしい・・・これは見なくちゃ。
ということで、とっても待たされたけど、とっても満足して、本多の森公園をあとにしたおやじだったのであった。
スタッフのみなさん、お疲れさまでした、そしてありがとう!!「女優霊」観たいなぁ・・・ 。

本日の脳年齢:20才3ヶ月(前日比:+0才3ヶ月)
本日の総歩数:8,475歩(前日比:+1,584歩)

ありがとう日本代表!すごいぞ日本代表!祝!!決勝トーナメント進出!!
結局、目は覚めるに覚めたが、いまだ未明ゲームのトラウマに弱いおやじは、TVの前から逃避してワンセグで・・・夢と現を行き来しながら観戦してしまったのであった。誠に申し訳ございませんm(_ _)m
が、それでもやっぱり眠い・・・午前中の恐ろしい方たちの調査まではなんとか持ったが、午後からの超先輩方の研修のお相手のバスの中では何度か落ちた・・・ま、普通に机に座っていた方がもっと落ちたかもしれないので、それで良かったのかも。
100625nami1.jpg さて、Amazonからミポリン送付の連絡があったので、仕事帰りにLAWSONで回収成功\(^O^)/・・・早速、この後、見るつもりだが・・・うれしさのあまり?ビデオと並べて見比べてたら、同じパッケージだと思っていたのが、裏のスチール5枚のうち集合写真を除く4枚が違っていることに気づいた。100625nami2.jpgクレジットなどはまったく同じなのに・・・いったいなぜ???
あと「私をスキーに連れてって」と「彼女が水着にきがえたら 」にはあった映像特典がまったくないのがとっても残念・・・ ま、DVD化してくれただけで凄くありがたいので文句は言えないけど。って、もしかしたら、その二つも今はついていないのか?¥2,500から¥3,150に値上がりしてるのに、さすがにそれはないか(笑)
ついでに言っておくと、パッケージを開けたら、なかにはとっても危険なチラシが封入されていた(笑)調子にのってるな、フジテレビめ・・・でも、欲しいのがいっぱいだ (´・ω・`)
ということで、とっても眠たかったはずなのに、これより上映だ~。

本日の脳年齢:20才5ヶ月(前日比:-0才1ヶ月)
本日の総歩数:10,124歩(前日比:-3,571歩)
今日は夏至・・・教えて貰うまで、失念しておりました (^-^;) 金沢でも、なんと14時間40分もお日さまが出ていたんですねぇ・・・いやぁ、凄い(笑)
さて、夏至とは全然関係ないけど、今日からフジ系ローカルで「眠れる森」の再放送がスタートした。言わずと知れた、ミポリンとキムタクが主役で、主題歌が 竹内まりのドラマだけど、もう12年前になっちゃったんですねぇ。月日が経つのは早い・・・ミポリンは正直、今より綺麗だけど、キムタクのあの長髪 は・・・しかし、なんといっても田山涼成の髪の毛が・・・多いのが・・・(^o^) ま、「蒲田行進曲」の酒井敏也ほどじゃないけど。
で、当然、あの頃はなかったDVD化をすべく録画をし始めたわけだが、ミポリンでDVDといえばなんと言っても素晴らしいのは、かねてよりDVD化を待ち望んでいた「 波の数だけ抱きしめて」が発売されること!\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/ ポニーキャニオン、偉い!偉すぎる!!
もちろん、おやじは購入だ・・・これで、綺麗なミポリン(特に冒頭の結婚式 (^o^) )を綺麗な映像で見ることが出来る。「A LONG VACATION」がCDになった時と同じ喜びだ(謎)。
とにかく、あと4日・・・いやぁ、うれしいですなぁ。あ、「Blu-ray」も買っておこうかな。
いや、その前に「『すてきな片想い』DVD-BOX」か、それとも「『逢いたい時にあなたはいない・・・』DVD-BOX」が先か・・・いやぁ、困っちゃったなぁ・・・。

本日の脳年齢:20才4ヶ月(前日比:-0才3ヶ月)
本日の総歩数:8,821歩(前日比:+3,319歩)
今日の「CODE 320194 駕籠かき突破口!」で「タイムスクープハンター」の2ndシーズンが終了した。
今シーズンは前シーズン同様、取り上げられたテーマもおもしろかったし、さらに全10回(途中、なぜか「お氷様はかくして運ばれた」が放送されて、実際は11回だったけど・・・)と放送が2回増えたのでさらに楽しませてもらった。
おやじ的には「CODE 103668 速報セヨ!旗振り通信」と「CODE 419233 金山衆 闇からの脱出」が双璧かな・・・って、特に決め手はないんだけど。
気になるのは、3rdシーズンがあるのか、ないのか・・・ま、最後に沢嶋雄一=要潤が駕籠から落っこちるという最高な終わり方をしたから、ほぼ確実だと思ってはいるけど・・・。(前回は機器の故障で帰れないという終わり方でしたが・・・。)
秋にははっきりするのだと思うけど、ぜひ、3rdシーズンをお願いしたい・・・で、さらに・・・できればエキストラとして出演してみたいですなぁ・・・(謎)

本日の脳年齢:20才0ヶ月(前日比:+-0才0ヶ月)
本日の総歩数:9,642歩(前日比:+58歩)
今年に入ってから、突発的に清張を読み始めた。3冊目の「ゼロの焦点」もさくさく進んで、お次は?となったのだが・・・昨日、行った某豆書店では、余計なもの(笑)を見つけただけで、結局、何も買ってこないまま夜には読了となった。
で、ここらで一度、趣向?を変えて映像の世界へレッツゴー・・・ということにして「砂の器(映画版)」のDVDを借りてきた。
実はさすがのテレビっこ親父も見るのは初めてである・・・一応、言い訳がましく言っておくと、初上映の時は子供(子供には「ノストラダムスの大予言」だったな)だったからだが・・・。
さて、いまさら、どんな内容かは書く必要はないが、とりあえず感想なぞ・・・。
はっきり言って前半(だろうな)はイマイチ、というより、時折、丹波哲朗と森田健作の芝居が鼻につく・・・ただ、若い頃の島田陽子(島田楊子とは別人だと思いたい(笑))と、とっても懐かしい金沢駅(独特のアナウンスも聞ける。)、山中温泉駅が見れるのだけはうれしい。
が、後半、捜査会議以降はまったく違う・・・特にテーマ曲であるピアノ協奏曲「宿命」が流れる中での本浦親子の放浪シーンは素晴らしい。千代吉役の加藤嘉の演技も素晴らしいが、秀夫(少年期)役の春田和秀の表情がなんとも言えない。
ついつい、この部分だけを何回も見てしまったが、これだけでも見る価値はありますな。
いや~、なんでももっと早く見なかったんでしょう・・・ま、年を取らないとわからないものもありますが・・・ヒロインで映画を選んでいるうちは、年をとってもだめですな(笑)。

本日の脳年齢:20才10ヶ月(前日比:+0才5ヶ月)
本日の総歩数:6,970歩(前日比:+1,254歩)
とうとう冬休み?最終日・・・例によって例のごとく、朝からドナドナ気分な今日は、風邪の治りもいまいちなので、休養を兼ねて?テレビを見ながらだらだら過ごす・・・。
「箱根駅伝」を復路スタートからゴールまで見て一休み?・・・「龍馬伝SP(再放送)」を見て一休み?・・・そして、待ちに待ってた「龍馬伝」。大河ドラマを初回からリアルタイムで見たのは「利家とまつ」以来だが、楽しみにしている度合いは間違いなく、それ以上である。
坂本龍馬が大河ドラマの主人公になるのは「竜馬がゆく(1968年)」以来だそうだが、維新回天の英雄の一人で、人気も絶大な人物でありながら、実に42年間も作られなかったというのは、気づいてみればかなり意外・・・人気者ゆえに魅力を下げないようにしないといけないだろうし、となると配役も難しいのだろうし、ストーリーがよく知られているから作りづらいだろうし、登場人物がいっぱい居すぎて訳わかんなくなっちゃいそうだし・・・いろいろと大変なんでしょうな。もしかすると、旧作の視聴率が悪かったのがNHKのトラウマになっていたのかも?って、さすがに、そりゃないよね(笑)
余談だが、前作はさすがのテレビっ子おやじもほとんど記憶にない。大河ドラマで記憶にあるのは「天と地と」だが・・・上杉謙信姿の石坂浩二となぜか子役の中村光輝くらいしか覚えていない・・・しかも「樅の木は残った」と混同していた(^-^;)
一方、民放になると、さすがに主人公になったドラマはいくつもあって、「竜馬がゆく」も3回くらい作られている。なかでも、おやじのお気に入りは、武田鉄矢が龍馬を演じた「幕末青春グラフィティ 坂本竜馬」・・・映画(「幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬」)の4年前に作られたスペシャルドラマだったけど、あれは面白かった(その分、映画を見たときはガッカリしたが・・・。)・・・ビデオに録っておかなかったのが今でも悔やまれる(さらに、その後、某所にあった貸しビデオ屋(どう考えても違法?)にあることを知ったのだが・・・こっちも悔やまれる)。
何はともあれ、なんといっても坂本龍馬は超が着くくらい大好きな人物で、キャストも主役の福山雅治は言うまでもなく、皆さんなかなか良い感じだったので、楽しみったりゃありゃしない、くらい楽しみにしていたおやじなのだ。
で、今日の第一回は、あっと言う間に大人になっちゃったのは意外だったけど(短すぎて子供店長は現れないだろうが、子役の子は福山龍馬にぴったり。)、展開もまぁまぁだったし、映像も今までと違った感じで、なかなか良かったのではないかと・・・。でも、坂本龍馬を初めて知る人にはちょっとわかりづらいかも・・・って、大河ドラマでは毎度のことだが・・・。いずれにしても、次回が楽しみだ。
さて、久しぶりに「竜馬がゆく」を読むことにしますかな・・・と、相変わらずだまされやすいおやじなのであった。

本日の脳年齢:21才5ヶ月(前日比:+1才5ヶ月)
本日の総歩数:4,241歩(前日比:+548歩)
いよいよ年末まであと一ヶ月・・・年末とくれば気になるのはスペシャルと再放送・・・特にNHKではシリーズものの一括再放送があったりして、なかなか楽しみだ。できれば、「映像の二十世紀」をもう一度お願いしたいものだが・・・。
そんなわけで、NHKのwebサイトをうろうろしていたら、今年のお気に入り番組のひとつ「タイムスクープハンター」のスペシャルが年末に放送されると「タイムスクープ社広報部」に告知されていた。
どうやら、交信が途絶えていた沢嶋との交信に成功したらしい・・・めでたし、めでたし。噂では沢嶋は幕末にいるとか、いないとか・・・いったい、どんなところにいるのかは不明だが、年末がとっても楽しみになってきました。
ということで、近いうちに、これまでのレポートをひととおり復習しておかないといけませんな(笑)

本日の脳年齢:21才1ヶ月(前日比:+1才1ヶ月)
本日の総歩数:7,603歩(前日比:+1,902歩)
ふと思いついて、数日前から見始めた「超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ シーズン1」・・・全11話(パイロット版を含む)を見終えたところで、続きが見たくなってきた。
シーズン1が発売されているということは、シーズン2シーズン3も発売されているわけだが、シーズン1を買った頃には、続編はそれなりのお値段だったので、とても買う気にはならなかった(ホントは買えなかったというのが正しい(笑))。なんせシーズン217,799円(税込)・・・(´・ω・`)
が、さすがに発売から3年近く経てば、中古品でも良い価格ででてないかとググったら・・・アマゾンにこんなのがありました・・・。
エアーウルフ シーズン2 DVD-SET 【ユニバーサルTVシリーズ スペシャル・プライス】
エアーウルフ シーズン3 DVD-SET 【ユニバーサルTVシリーズ スペシャル・プライス】
11日26発売予定で、アマゾンだと、どちらも3,686円(税込)・・・シーズン1も同じお値段・・・3年前の価格っていったい・・・(ToT)(ToT)(ToT)
とぼやきつつ、しばらく悩んで、あちこちリサーチしたあげく・・・ポチッとしてしまいました (^-^;)ま、しょうがないよね、3年、いや十数年、待ったんだからしょうがないよね・・・。
ちなみにユニバーサルTVの他のシリーズ、「ナイトライダー 」や「特攻野郎Aチーム 」なんかもこのお値段だ。さすがにここまで手は出さないが・・・「特別狙撃隊 S.W.A.T」が廉価版で出たらやばいよねぇ・・・。
それより、やっぱり「白バイ野郎 ジョン&パンチ(CHip's)」のDVD化をして欲しいですなぁ。あれ?

本日の脳年齢:20才0ヶ月(前日比:-0才6ヶ月)
本日の総歩数:8,759歩(前日比:+2,758歩)
祝!発売決定!
祝!発売!!
方言変換
お天気情報
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[07/18 藻っぷ@地デジ化]
[07/18 藻っぷ@地デジ化]
[07/17 藻っぷ@地デジ化]
[05/15 M氏]
[04/16 藻っぷ@テンションうなぎ下がり]
独り言
ドライブコンパス mini
ビジター
バーコード
プロフィール
HN:
こし彦
性別:
男性
職業:
口述業
趣味:
道の駅きっぷ・ご朱印・テレビ・山・生き物
自己紹介:
石川県白山市在住のテレビっこおやじ。元鳥ばか・・・ずっと虎ばか、
道の駅きっぷとご朱印を求めて西へ東へ徘徊、たまには甲子園に出没・・・したいが、分不相応に忙しくて思うように徘徊出来ないのが悩みのタネ。
ちなみにお気に入りの選手は、ひーやんと林ちゃん!
ブログ内検索
滞在時間
アクセス解析
Copyright ©   鳥ばか日誌 since 1999  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]