忍者ブログ
Admin / Write / Res
2006年12月1日 場所を変えて再開。 でも、ほとんど日常のだらだら話ばかりで、鳥の話は滅多にないと思われます。むしろ虎ばか・・・。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

110412akai1.jpg決して満足とは言えないがネットも開通し、地デ鹿も住み着いて、ようやくおやじの奥能登新生活も落ち着き始めた・・・仕事の方は相変わらずバタバタしたままだが・・・。
ということで?新企画「奥能登スイーツ」をスタート!・・・メタボリックへの恐怖心と戦いつつ、奥能登ならではのスイーツを食べようという企画である。
で、栄えある第一号に選ばれたのは能登大納言小豆の伝道師こと河原田川一郎先生ご推薦の「能登大納言おはぎ 赤い宝石(稲忠調理部 350円)」、この4月に発売になった新製品である。おやじの小豆好きは今日に始まったことではないが、奥能登にやって来た以上、スイーツの中心はやはり能登大納言に決まりだ(謎)。
110412akai3.jpgさて、この「能登大納言おはぎ 赤い宝石」、一番の特徴は“スプーンで食べるおはぎ”ということだ。おはぎが単純にカップに入っただけではなくて、横から見ると、あんこで餅を挟んだ形になっていて、それをスプーンですくって一口ずつ食べる。なので、普通のおはぎと違って手が汚れない、というのが売りなのだ。当然?ちゃんとスプーンも付いているので、買ったその場で食べることも出来る。
原料を奥能登産と言うことにもこだわっていて、小豆のほかに、糯米も、塩も奥能登産である・・・残念ながら砂糖だけは違うが・・・。110412akai4.jpg
ということで、早速、食べてみることに・・・まず、おやじが能登大納言で(勝手に)一番こだわっているあんこの状態だが、ちゃんと小豆の粒も残っていて、まずはOK!
そして肝心のお味はというと・・・一口食べた感じだと甘さは控えめで食べやすい・・・が、だんだん食べていくと、なんだかちょっと喉に絡んでくるような味が気になりだす。どうやら、天然塩を使っているかららしいが、ちょっとこれは頂けない。量が少なければさほど気にならないのかもしれないが、カップ全部を食べるにはちょっときつい。
もしかすると、一人で食べてしまうというのは贅沢もしくは欲張りなのかもしれないが、スプーンが一つということは、作った側も一人用だと思っているのかもしれない。だとすれば、ぜひ改善してもらいたい。アイディアは良いのにもったいない気がする。
って、言うか、味を変えるより、量(カップのサイズ)を変えたらよいのではないか?・・・。そうすれば、一個当たりの価格も下がって買いやすくなるだろうし、量の多さを気にする必要もなくなるのでは?・・・と思ったら、普通のおはぎ何個分なのだろうかと、気になりだした。こりゃ、一度、計算してみなければ・・・。
とりあえず、能登大納言小豆の伝道師河原田川一郎先生に、ご提案しておくかな・・・。

本日の総歩数:4,317歩(前日比:-1,821歩)
本日の電池残量:25%(前日比:+7%)
PR
祝!発売決定!
祝!発売!!
方言変換
お天気情報
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[07/18 藻っぷ@地デジ化]
[07/18 藻っぷ@地デジ化]
[07/17 藻っぷ@地デジ化]
[05/15 M氏]
[04/16 藻っぷ@テンションうなぎ下がり]
独り言
ドライブコンパス mini
ビジター
バーコード
プロフィール
HN:
こし彦
性別:
男性
職業:
口述業
趣味:
道の駅きっぷ・ご朱印・テレビ・山・生き物
自己紹介:
石川県白山市在住のテレビっこおやじ。元鳥ばか・・・ずっと虎ばか、
道の駅きっぷとご朱印を求めて西へ東へ徘徊、たまには甲子園に出没・・・したいが、分不相応に忙しくて思うように徘徊出来ないのが悩みのタネ。
ちなみにお気に入りの選手は、ひーやんと林ちゃん!
ブログ内検索
滞在時間
アクセス解析
Copyright ©   鳥ばか日誌 since 1999  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]